トピックス

膝前十字靭帯損傷アーカイブ

今回は現在当院が特に治療に力を入れております膝前十字靭帯損傷に対する解剖学的2重束靱帯再建術と変形性膝関節症に対する人工関節形成術についてお話します。

膝前十字靭帯損傷に対する解剖学的2重束靱帯再建術   膝前十字靭帯損傷とは

膝関節には、前十字靭帯(ACL)、後十字靭帯(PCL)、内側側副靭帯(MCL)ならびに後外側支持機構(PLLA)と言われる4本の靭帯があります。ACLの役割は、前方動揺性(脛骨の前方へのズレ)、回旋動揺性(ねじれ)を抑えることです。本靭帯を損傷した場合、スポーツ動作時(ダッシュ、ストップ、ジャンプならびに方向転換等)に脛骨が前方にねじれながら亜脱臼し膝崩れを起こします。また膝崩れを繰り返すことによって二次的に軟骨や半月板が損傷されます。

受傷機転ならびに診断

受傷機転としては、バスケットボールやバレーボールのジャンプの着地、スキーの転倒、ラグビーやサッカーのコンタクトによって膝関節を捻った際によく受傷します。受傷時の症状としてはブチッあるいはボキッという音や感触、膝の疼痛(いたみ)ならびに腫脹(はれ)が認められます。しばらく時間が経過すると膝崩れやはずれる様な不安定感、ロッキング症状(膝関節が急に動かなく)が認められます。以上の症状が起きた場合、必ず整形外科を受診してください。適切な診察とMRIを始めとする画像診断を行ってACL損傷の有無をチェックしたうえで、適切な治療を行う必要があります。一般に本靭帯損傷を放置すると受傷前と同等のレベルでのスポーツを行うことは困難であり、二次的に軟骨や半月板が損傷され変形性関節症(老人性変化)につながります。若い方ならびにスポーツを積極的に行われている中高年の方には手術をお勧めします。

手術による治療について

手術は従来においては靭帯を縫合する方法も行われていましたが、現在は再建術といわれる靭帯を作り直す手術が主流です。再建術にはいろいろな方法がありますが、当院では以前より症例に応じて膝蓋腱あるいはハムストリング(膝の屈筋腱:大腿骨の後ろの筋肉)を使用し関節鏡を用いた低侵襲な方法(可能な限り関節を開かずに手術を行う)を行ってきました。現在は2005年5月以来、ハムストリングを用いて2重束2ルート靱帯再建術を行っています。簡単に言い換えれば採取したハムストリング腱を重ね合わせて2本の5~8mmの太さの腱を作り、靱帯の元のあった位置に大腿骨と脛骨にそれぞれ2カ所の骨の穴を空けて靱帯を通す手術です。

この2重束2ルート靱帯再建術は従来の1重束靱帯再建術に比べて、移植腱移行部の接触面積が広いため、移植腱移行部の治癒が早める効果があります。また、本来あるべき位置に移植腱を挿入できるため、より解剖学的再建が可能となりました。さらに2本の靱帯がそれぞれストレスを分散するために1重束靱帯再建術比べ再断裂が少なくなっています。

大腿骨側は、トランスフイックスピンとエンドボタンを使用して靭帯を固定します。脛骨はステープルとソフトスクリューにて固定します。


術後のリハビリついて

現在行っている解剖学的2重束靱帯再建術は可能な限り関節を開かずに手術を行う低侵襲な手術方法なために、平均的には、術後2日より疼痛の軽減を待って、前十字靭帯用の装具を装着して、関節可動域訓練開始、術後5日より部分荷重、術後14日より1本杖による歩行、術後3週にて退院可能となります。約2~3カ月でジョギングを開始、6~10カ月にてスポーツの種類ならびに移植腱の状態をみてスポーツ復帰を行っています。