トピックス

人工膝関節全置換術アーカイブ

人工膝関節全置換術(TKA)について

当院ではMIS(最小侵襲手術)でTKAを行っています。従来の手術では15~20cmの傷を必要としていましたが、MIS‐TKAでは10~12cmの傷で行います。
また、従来の手術より太ももの筋肉へのダメージを最小限にとどめる方法で行っています。
MIS-TKAでは手術の傷が小さく、目立たなくなることもメリットのひとつですが、筋肉や腱へのダメージを最小限にとどめるため、手術後の痛みが少なく、回復が早くなることが最大のメリットです。
ただし、MIS-TKAはすべての患者さんに行えるわけではありません。
当院ではMIS-TKA専用に作製された手術器具を使用し、トレーニングを受けた医師が手術を行うことで、90%以上の患者さんにMIS-TKAが可能となっていますが、関節リウマチの方や膝関節の状態、全身の健康状態によっては従来の手術法になる場合もあります。
また、いくら傷が小さくても人工膝関節の設置がうまくいかなければ長持ちする膝関節にはなりません。当院ではまず手術結果が良いことが最も大切なことと考えていますので、手術中の判断で傷を大きくすることもあります。